Top >  プラセンタエキスとは? >  プラセンタとしみ

スポンサードリンク

プラセンタとしみ

プラセンタはしみを退治する力をもっているのです。まずは、皮膚について‥皮膚は表皮と真皮の2重構造になっています。そして、その下の皮下組織と結合しています。表皮では新陳代謝がたいへん盛んです。古い細胞と新しい細胞の新旧の入れ替えは、真皮層よりも、表皮の方で行われているのです。表皮には、神経も血管も通っていません。ですので痛いと感じたり、血が出たりするのは、真皮まで刺激を与えられた場合です。表皮には基本的に、汗腺と皮脂腺の出口があるだけです。
しみはそんな皮膚の真皮層に、メラミン色素が定着することで出来てしまいます。
プラセンタは、肌全体の細胞の活性化と入れ替わりのサイクルを調節するのです。
プラセンタは、肌の生まれ変わるサイクルの中で不要になった老廃物を外に出すように作用します。また、内側からも栄養分を吸収する力を高め、全体的な新陳代謝の活性化や保水力アップも期待できます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタと妊娠線  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタの研究  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。