Top >  プラセンタエキスとは? >  プラセンタの薬理効果

スポンサードリンク

プラセンタの薬理効果

プラセンタは豊富でバランスのとれた栄養素と、多様な成長因子を含んでいます。このプラセンタは医療の現場においても注目されています。
プラセンタの原材料としては、注射薬としてはヒトの胎盤から有効成分のみを抽出したプラセンタエキスを使用し、内服剤や化粧品にはブタの胎盤から抽出されたものが使われています。

プラセンタの効果のメカニズムについては、プラセンタの持つ内分泌調整作用がホルモンバランスを調整することと、自律神経調整作用によって自立神経のバランスを調整されることが明らかにされています。
プラセンタの注射薬は医療用医薬品として、肝炎、肝硬変、更年期障害、乳汁分泌不全、アレルギー性疾患、胃潰瘍、慢性肝疾患、胃・十二指腸潰瘍、十二指腸潰瘍、辺緑性歯周炎、 急性歯肉炎、などに用いられています。
さらにまたプラセンタの外科剤も発売されていて、進行性指掌角化症、湿疹、火傷、各種皮膚炎などに使用されています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタの薬効  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタの原材料  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。