Top >  プラセンタエキスとは? >  プラセンタと安全性基準について

スポンサードリンク

プラセンタと安全性基準について

プラセンタからは外れますが、バイオテクノロジーの進展により、医療の世界は大きな転換期を迎えています。
特に生物を原料とする医薬品等においては、特別に枠を設け、高度な管理を行うことになりました。なぜなら、その効果も大きく品質が患者に与える影響も大きいからです。
平成15年7月30日より、新しく改正された「薬事法」と「安全な血液製剤の安定供給の確保に関する法律」が施行されました。
このなかで生物由来原料基準が制定されています。また、製品に由来する疑いがある副作用・感染症等が発生した場合、厚生労働省に報告することが法制化されました。

医薬品としてのプラセンタも、特定生物由来製品として「ヒト胎盤」を原料にしたものが対象となりました。
使用した原料について、きちんと記録を残す。製品の使用にあたって、医師からその効果とリスクについて説明がある。などが義務づけられました。これで効果も高く、品質の安定した生物由来のプラセンタを安心して使用することができるようになりました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタで肌がきれいに  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタの副作用2  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。