Top >  プラセンタエキスとは? >  プラセンタと抗体

スポンサードリンク

プラセンタと抗体

プラセンタ(胎盤)には多くの種類の抗体が含まれていることがわかりました。近年急速な進歩を遂げた分子生物学や免疫学の学者たちの研究により、プラセンタ(胎盤)には受動免疫力や抵抗力を増強させる働きがあること、ウイルス性の疾患への治療の効果があることが確認されています。また、人の血液中にあるcAMP(環状アデノシン燐酸)の含有量を増加させる作用がることがわかりました。これによって気管支の平滑筋を拡張させることができるため、プラセンタ(胎盤)の成分が気管支喘息や慢性気管支炎などの病気の治療に使われるようになりました。また、精気を養い、血行をよくするばかりか、美容効果があるということで中国では歴代皇帝に重用されてきた経緯があります。プラセンタ(胎盤)は中国の薬学では生命活力に満ちた動物性の生薬とされ、睡眠障害や神経衰弱、肉体疲労の改善あるいは貧血や摂食障害などの多くの疾患に用いられるなど、優れた効果に期待が集まっています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタの成長因子2  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタの機能4  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。