Top >  プラセンタエキスとは? >  プラセンタとがん

スポンサードリンク

プラセンタとがん

プラセンタは、乳ガンや子宮体ガンの予防にも有効だといわれます。 
子宮ガンは奥の体部にできる子宮体ガンがありと子宮の入り口の頸部にできる子宮頸ガンがあります。
子宮体ガンが年々増えてきているのが最近の傾向です。乳ガンとこの子宮体ガンにかかりやすい人にはいくつかの共通点があります。年齢は40歳以上・高齢出産または出産未経験・肥満・喫煙などです。
出産に関しては、ホルモンのバランスが不安定になることががんの原因とされています。喫煙に関しては、活性酸素の大量発生が細胞レベルで傷つけられることがげんの原因とされています。

プラセンタの持つ、活性酸素除去作用や遺伝子修復作用・内分泌調整作用・抗突然変異作用などの薬理作用が複合的に働き、その相乗効果が抗ガン力になります。
プラセンタの各成長因子が、異常細胞であるがん細胞やがん組織を正常な状態に戻そうとする働きもあるのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタと肌  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタが持つ成長因子  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。