Top >  プラセンタエキスとは? >  プラセンタと動脈硬化

スポンサードリンク

プラセンタと動脈硬化

プラセンタは動脈硬化に効果があるとされています。
動脈硬化とは、悪玉コレステロールと活性酸素が結びつき、血管内を覆ってしまうことで血管の弾力性が失われるという症状です。多くは、コレステロールの摂りすぎが問題です。
動脈硬化が進むと、血管内部の壁が厚くなり血流がわるくなります。最悪の場合、狭くなった部分が詰まってしまい、心筋梗塞や脳梗塞、クモ膜下出血といった死に直結する病気を引き起こします。
プラセンタは、プラセンタの持つ作用である内分泌調節作用によって、ホルモンの分泌を盛んにし、増えすぎた悪玉コレステロールの増加を抑える効果があります。またさらに、プラセンタは活性酸素の除去作用を持っているので、体内の活性酸素を除去し動脈硬化の原因を取り除く働きもあります。
そして、もうひとつプラセンタには創傷回復促進作用という作用もあります。これは、傷ついた血管を修復する働きがあり、動脈硬化症の予防にもつながります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタとニキビ  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタのお話3  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。