Top >  プラセンタの効果とは? >  プラセンタとアンチエイジング

スポンサードリンク

プラセンタとアンチエイジング

プラセンタのアンチエイジングに対する作用とは、赤ちゃんのようにお肌は若さにあふれ、新陳代謝も非常に活発な細胞の状態にしようとすることです。

プラセンタは、成長のピークを過ぎた大人からみると、老化のスピードが遅くなる、老化のスピードが逆回転するようになることで、 「老化の防止や若返り」となるのです。プラセンタからすると、細胞の新陳代謝機能を赤ちやんの状態に近づけようとしているだけなのですが。こういった理由から大昔、秦の始皇帝や、エジプトのクレオパトラが「不老長寿の妙薬」 として注目したのでしょう。

体のあちこちで細胞の力が低下し、人間の体は20歳ごろのピークを過ぎると、老化が始まってきます。新しい細胞の生まれ変わり(新陳代謝)が、古い細胞の老化に追いつかなくなる。人により差はあれ、こうして全身の細胞が古くなり全体が活力を失い、衰えを生じてくる。それが老化といわれるのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 海外でのプラセンタ療法  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタの化粧品  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。