Top >  プラセンタの効果とは? >  プラセンタと動脈硬化

スポンサードリンク

プラセンタと動脈硬化

動脈硬化症とは、血管の弾力性を失わせて硬化することなのですが、その原因は血管内部で悪玉コレステロールが活性酸素と結びついて固まり、血管内部を覆ってしまうからなのです。

動脈硬化により血管の内径が狭まると、高血圧にもなりますし、心臓で血管が詰まれば心筋梗塞となり、頭なら脳卒中、クモ膜下出血といった怖い生活習慣病となってしまいます。

プラセンタには、固有の作用である内分泌調節作用により、動脈硬化症の原因を取り除く効果が期待できます。それは、悪玉コレステロールの増加を抑える効果のあるホルモン(エストロゲン)の分泌を盛んにし、さらに活性酸素の除去作用で体内の活性酸素を除去するためです。
そしてプラセンタには、傷ついた血管を修復する創傷回復促進作用というものがあり、これにより動脈硬化症の予防にも効果が期待ができます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタのニュース2  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタと美肌  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。