Top >  プラセンタの効果とは? >  プラセンタと骨粗鬆症

スポンサードリンク

プラセンタと骨粗鬆症

骨粗鬆症の原因は、その大きなものとしてエストロゲンというホルモンの減少と大きな関係があります。広く一般的にはカルシウムの摂取不足だと思われていますが、実はそれだけではないのです。特に骨粗鬆症は女性にとって大きな問題となっているのは、女性では閉経後にエストロゲンが激減してしまうためなのです。エストロゲンの分泌を促すことが、骨粗鬆症を予防・改善するには重要なのです。

プラセンタには、過剰なホルモンの分泌があればその分泌を抑制し、逆にホルモンの分泌が不足するものがあればその分泌を促進する作用があります。これを、内分泌調節作用といいます。このプラセンタの内分泌調節作用で、閉経後のホルモンバランスを整え、減少したエストロゲンの分泌を促進させてエストロゲンの減少を緩やかにし、骨粗鬆症の予防・改善を促すのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタのニュース1  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタの美肌効果  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。