Top >  プラセンタの効果とは? >  プラセンタと肝臓病

スポンサードリンク

プラセンタと肝臓病

プラセンタは肝硬変に効く唯一の医薬品でもあります。現在、厚生労働省が肝硬変に効果が認められ承認されている医薬品なのです。
肝臓では活性酸素が発生しやすい仕組みがあります。人が病気になる原因のひとつにこの活性酸素があるのです。肝臓の働きで、活性酸素をつくり有害物質にあてることで有害物質を無害なものにするという働きがあります。体が若いと肝臓自体に活性酸素を除去する酵素が、分泌されて問題ないのですが、老化により活性酸素除去が間に合わなくなると、過剰に生成された活性酸素が原因となり肝障害が起こりやすくなってしまうのです。これが、肝障害が中高年から増加する原因と考えられています。

プアセンタの効果の中に体内の赤ちゃんを酸化から守るという優れた抗酸化作用があり、この作用が肝障害に対しての効果を期待できます。
さまざまな肝臓疾患がありますが、プラセンタは特に肝硬変の改善に効果を示すことがわかっています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタと臍帯血  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタの美肌効果  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。