Top >  プラセンタの効果とは? >  プラセンタと妊娠線

スポンサードリンク

プラセンタと妊娠線

プラセンタは、マタニティラインとも呼ばれている妊娠線にも効果があるといわれています。これは、妊娠時に胎児の成長に腹部の皮下組織が裂けて、皮下組織の毛細血管が透けて見える状態を言います。この線が赤黒くみえるのは、外的な要因でメラノサイトで作られるメラニン色素が沈着してしまうからなのです。
ではプラセンタがなぜ妊娠線に有効なのか?それはプラセンタに含まれる『成長因子』が細胞分裂を活性化させ、引き離された細胞を修復してくれると言われています。このプラセンタの『成長因子』の効果が期待できるのです。その上に、メラニンの生成を予防し、色素沈着を防いでくれ、出来てしまったメラニン色素も除去してくれます。そのために美白効果も大いに期待できます。
プラセンタには、化粧品でも使用されている美白に効果があるといわれる成分を含んでいるので、スキンケアとしても最適です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタと病気  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタとしみ  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。