Top >  プラセンタの効果とは? >  プラセンタ・薬としての効果

スポンサードリンク

プラセンタ・薬としての効果

プラセンタ(胎盤)はもともとB型肝炎、C型肝炎、アルコール性肝炎などの肝臓障害の特効薬として注目を浴びました。これは、プラセンタが肝臓の細胞を増殖する作用をもっているからです。
プラセンタ(胎盤)の成長因子は、適切な細胞分裂の指令を送ることができるので、粘膜組織の分裂を助け、胃潰瘍、口内炎、痔に至るまでの傷を修復することができます。
プラセンタ(胎盤)をつぼに注射すると、神経痛やリウマチ、ぎっくり腰のつらい傷みが、軽くなるという報告もあります。
また、血行促進作用で、頭皮の状態を改善し毛母細胞を活性化するので、毛母細胞の分裂が活性化し発毛が期待できます。
プラセンタ(胎盤)は身体全体の代謝機能を向上させるので、疲労回復が早くなり、いきいきとした生活が出来るようになります。また、体力がつき活動的になるので痩身効果もあります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタとアンチエイジング  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタと肌  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。