Top >  プラセンタの効果とは? >  プラセンタとは胎盤のこと

スポンサードリンク

プラセンタとは胎盤のこと

プラセンタとは、胎児のベッド、胎盤のことです。わずか10ヶ月の間にひとつの受精卵から一人の人間にまで育て上げることができる驚異の臓器です。
プラセンタ(胎盤)は胎児が必要とする酸素や栄養分の補給をするのが基本的な役割ですが、胎児の未熟な各臓器に変わって、それぞれの機能をサポートする働きもあります。
たとえば、肺臓の働きの代わりとしてプラセンタ(胎盤)を通じて酸素と炭酸ガスの交換を行ないます。
また肝臓の代役として、タンパク質の合成などの代謝作用を行ない、異物の解毒などもこなします。胎児の老廃物を母体の血中に排出する作用は、腎臓の働きに代わるものです。
他にも胎児の成長に欠かせないホルモンやアミノ酸の供給や、病原菌が入ってくるのを直前で阻止する役目など、プラセンタ(胎盤)はオールマイティーな働き者の臓器なのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタと効果  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタの育毛効果  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。