Top >  プラセンタの効果とは? >  プラセンタの薬効

スポンサードリンク

プラセンタの薬効

プラセンタ(胎盤)には血行を良くする作用があるので、つらい冷え性や肩こりを改善することができます。また、基礎代謝があがるので美肌や美白に良く、むくみの解消にも役立ちます。加えて抗炎症作用が腰痛や関節痛の痛みをやわらげ、歩行を楽にします。
プラセンタ(胎盤)の優れた活性酸素除去作用は、風邪などの感染症から私たちを守り、免疫賦活作用によって二日酔いを癒し、肝炎や脂肪肝になる心配から遠ざけてくれるのです。
プラセンタ(胎盤)にはホルモンのバランスを整える働きもあります。これによって更年期障害や生理痛、生理不順が改善されたり、頭部の毛母細胞の分裂を促進するので発毛効果が期待できます。また自律神経失調症や日常生活からくるイライラ、不眠などへの抗疲労作用や、疲労、倦怠、病中病後の滋養強壮にも効き目があるとされています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタと治療  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタの薬理効果  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。