Top >  プラセンタの効果とは? >  プラセンタの効果4

スポンサードリンク

プラセンタの効果4

プラセンタの効果には、胎児を確実に成長させるため、酸化から防御する効果があります。
プラセンタが肝臓組織の酸化と、肝障害の発生を抑制していることが、動物実験でも認められています。これについて、プラセンタには強力な抗酸化活性力があるのでは?という意見があります。つまり活性酸素の消去作用を持っているのではないのか?ということです。

プラセンタに含まれる肝細胞増殖因子は、肝臓に限らず、ほとんどの臓器の細胞が壊死するのを防ぎ、修復・再生させるといわれています。動物実験では、心筋梗塞、脳梗塞、腎臓病、胃潰瘍、糖尿病、肺疾患、筋疾患などの様々な病気に効果のあることが確認されています。
これは、プラセンタの抗酸化活性力が作用しているとみられるのです。
今の時代かかる病気のおよそ90%が活性酸素が原因だとも言われています。つまり、活性酸素を征すれば、病気の90%を克服できるともいえるのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタ注射の効果  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタエキスの力1  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。