Top >  プラセンタの効果とは? >  プラセンタの効果3

スポンサードリンク

プラセンタの効果3

プラセンタ(胎盤)は、医薬品として認められている注射薬があります。それは、「メルスモン」と「ラエンネック」というものです。
「メルスモン」は更年期障害及び乳汁分泌不全の治療剤として使用されています。
「ラエンネック」は、肝障害の治療剤として使われています。
いずれも、厚生労働省の認可を得ています。また旧厚生省の時代から認可されていて、すでに半世紀近く経っているそうです。それだけに、プラセンタの有効性と安全性が認められているといえるでしょう。

プラセンタには、このようによく知られ、医薬品としても長い実績と効果効能があるのですが、近年これを見直す動きがでてきています。古来から、効果があると伝えられたものには皆が興味を持つのは当然かもしれません。
多くの人々がプラセンタの効果や作用を伝えているという事実も見過ごせないものです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタ注射とは3  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタエキスとは?  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。