Top >  プラセンタの効果とは? >  プラセンタの効果2

スポンサードリンク

プラセンタの効果2

プラセンタの効果を続けてみます。
肝細胞再生作用
プラセンタが医療として効果があるといわれているものに、肝臓病の改善があります。
これは、プラセンタが肝細胞を増殖するように働きかける機能をもっているためです。肝細胞が増殖するということは、全身的機能‥つまり、代謝・解毒・排泄などの重要な機能を改善できます。プラセンタは動物実験での結果、肝硬変をはじめ、肝不全や心筋梗塞、胃潰腫、糖尿病、脳梗塞のなど、がん以外のほとんどの病気に有効といわれています。

創傷治療促進作用
プラセンタ由来のメルスモンという薬は、ラットを使った動物実験で、創傷治癒促進作用を示したと報告されています。このように、壊れた組織の修復を促進する薬理効果があるため、ヤケド、ケロイド、傷口をいち早く治せるのではないかと期待されています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタ注射の効果5  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタと男性機能  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。