Top >  プラセンタの効果とは? >  プラセンタの成長因子2

スポンサードリンク

プラセンタの成長因子2

プラセンタが持つ、主な成長因子の詳細を書き出してみました。
HGF(肝細胞増殖因子): 肝細胞と諸組織の細胞を増殖させる作用があります。
NGF(神経細胞増殖因子):神経細胞、知覚・交感神経節細胞など増殖させる作用です。
EGF(上皮細胞増殖因子):皮膚、肺、角膜、気管上皮細胞を増殖させる作用です。
FGF(繊維芽細胞増殖因子):ヒト繊維芽細胞、グリア細胞、血管内皮細胞を増やします。
CSF(コロニー形成刺激因子):顆粒球、マクロファージ等の幹細胞を増殖させます。
IGF(インシュリン様成長因子):軟骨細胞、平滑筋細胞の増殖に作用します。
また、成長因子はいわば、細胞分裂を活性化させるスイッチを入れる役割なので、大量に必要としません。少量でも、全身にわたる細胞活性化の効果の期待ができるといわれてます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタと肌  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタと抗体  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。