Top >  プラセンタの効果とは? >  プラセンタの効果2

スポンサードリンク

プラセンタの効果2

プラセンタ(胎盤)の研究では、プラセンタ(胎盤)が含むのはただの栄養成分だけではなく、細胞分裂を適切に調整するする成分が確認されています。 これを、専門的な言葉でいうと 「成長因子」(グロース・ファクター)または 「細胞増殖因子」 といいます。 この成分の、もともとの作用は小さな受精卵が、間違いなく赤ちゃんに育つようにすることなのです。

プラセンタ(胎盤)は、細胞分裂が適切に行われるように、細胞に対して誘引します。つまり、細胞が分裂するために必要な情報を伝達するのです。細胞は、分裂するために受容体と呼ばれる、分裂するための情報を受け取る穴を持ちます。プラセンタの成長因子は細胞のその穴にアクセスします。細胞はその誘引情報を元に分裂し、新しい元気な細胞を作り出します。
他にも、末梢の毛細血管を作り出したり、がんなどの異常細胞は増殖させないという報告もあるそうです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタ注射とは2  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタの内服液2  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。