Top >  プラセンタの効果とは? >  プラセンタの成長因子1

スポンサードリンク

プラセンタの成長因子1

プラセンタには、多くの成長因子(グロスファクター)といわれるものがが含まれています。成長因子は細胞を刺激して細胞分裂を促す、細胞分裂活性化因子のようなものす。
その結果、新陳代謝が盛んになり、古い細胞が順次新しい細胞に置き換わります。
それにともない、全身の細胞が活性化するといわれています。
プラセンタが持つ成長因子とアンチエイジングには密接な関係があると考えられており、今もっとも研究されているのです。
人間は、母親から成長因子を受け継いで18~24歳くらいまで成長しますが、それ以降は成長因子(グロスファクター)が減少して行き、緩やかに老化に転じていくと考えられています。
プラセンタの持つ主な成長因子には、肝細胞増殖因子(HGF)、神経細胞増殖因子(NGF) 、上皮細胞増殖因子(EGF)、線維芽細胞増殖因子(FGF)、インシュリン様成長因子(IGF)などがあります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタと肌のしみ  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタエキスの力  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。