Top >  プラセンタ注射とは? >  プラセンタと臍帯血

スポンサードリンク

プラセンタと臍帯血

プラセンタとは別に、メディアで臍帯血移植という言葉を耳にすることがあると思います。
臍帯とはへその緒のことで、みなさんご存知のあかちゃんとお母さんの胎盤をつなぐものです。
このへその緒と、胎盤(プラセンタ)に含まれる血液が臍帯血と呼ばれ、造血幹細胞を豊富に蓄えています。これは、赤血球や白血球などの血液のもとになる細胞なのです。
この造血幹細胞は、体内で血球を作りだす作用が期待できるため、白血病や再生不良性貧血などの血液の難病に苦しむ人たちに移植することが考えられています。これで 、病気に対する治療効果が期待できるそうなのです。
臍帯血は白血球などの血液の病気や、生まれつき免疫や代謝がうまく機能しない病気などの治療に用いられているのです。プラセンタ、つまりヒト胎盤の成分は様々な活性物質を含んでおり、病気の治療に非常に有用だとされています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタの力  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタと肝臓病  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。