Top >  プラセンタ注射とは? >  プラセンタの研究

スポンサードリンク

プラセンタの研究

プラセンタの研究は、日本では戦中から戦後にかけて、京都大学医学部産婦人科の三林隆吉教授を中心としたグループが研究を行っています。
戦争中の悪い食料事情にもかかわらず、なぜ胎児は食料の供給が良い状態と同じように発育するのか。
この謎を、三林隆吉教授を中心としたグループは、プラセンタのもつ特殊な作用によるものと考えました。
臨床試験は、プラセンタを加水分解して抽出したプラセンタエスを用いて様々な方法で行いました。プラセンタの内服療法の道は、この実験の結果、様々な作用があることが認められたため、この時からひらかれたのです。
また一方で、フィラトフの冷蔵胎盤埋没療法は外科的処理を必要となり、もう少し簡単な処理で出来る方法を久留米大学医学部の稗田健太郎教授は考えました。それが注射薬にすることだったのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタとしみ  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタの力  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。