Top >  プラセンタ注射とは? >  プラセンタと治療

スポンサードリンク

プラセンタと治療

プラセンタ(胎盤)を用いた治療は普通、一週間に1~2回程度の間隔で皮下または筋肉、つぼなどに注射します。注射をした直後は体がだるく感じたりしますが、程なく回復して肩こりや疲労感が劇的になくなるなど即効性が期待できるものです。
また、注射が苦手な人や通院が困難な人には、プラセンタ(胎盤)を科学的に処理して作られた内服薬があります。一日2~4カプセル程度服用します。注射で行なう治療と比べて効果は緩やかに現れますので、しばらく飲み続けたほうが良いでしょう。
内服薬と注射を併用することでさらなる効果が期待できます。ただし気をつけたいのは、どちらも個人差があり、症状によって用いる量や回数が異なってくるということです。プラセンタ(胎盤)を治療に使うときは医師とよく相談するようにします。なお、更年期障害や肝機能障害などには保険が適用されます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタの副作用2  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタの薬効  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。