Top >  プラセンタ注射とは? >  プラセンタの副作用

スポンサードリンク

プラセンタの副作用

一般的に副作用は無いとされていますが、個人差があるので使用には注意が必要です。
特に注射の場合、注射をした部分に発疹がでたり、硬くなったりすることがあります。倦怠感を訴える人もいます。
また、まれにショック症状やアレルギーを引き起こすことがあるようです。同様に、プラセンタ(胎盤)を服用する場合にも注意が必要です。プラセンタ(胎盤)はヒトにとっては異種タンパク質になります。そのため、体内に摂取すると抗原(アレルゲン)によって発疹がでたり、かゆくなったりすることがあるのです。とはいえ、プラセンタ(胎盤)は他のタンパク抗原(アレルゲン)と比べると受け入れられる余地が高いので、最初は少しずつ試すようにします。服用をつづけているうちにやがて症状が治まってくることが大半なので、あわてず様子をみるようにしましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタの副作用1  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタで肌がきれいに  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。