Top >  プラセンタ注射とは? >  プラセンタと老化防止

スポンサードリンク

プラセンタと老化防止

古代から不老長寿は人類の夢でした。いかなる時の権力者でも莫大な財を築いた人物でも、容色の衰えや死からは誰一人として逃れることは出来なかったのです。しかしながら、近年の科学の進歩は目ざましく、遺伝子や免疫に対する研究が進められる上で、老化のメカニズムが解明されようとしています。プラセンタ(胎盤)は、たった一つの受精卵から60~70兆個の細胞を作りあげ、人として出産に至るまでを育む驚異の臓器といえます。プラセンタ(胎盤)は胎児の成長に不可欠な細胞増殖因子や生体の恒常性維持に重要な役割を果たすサイトカインを分泌しており、このはたらきは多くのヒトの臓器の中でもただひとつプラセンタ(胎盤)にのみ備わった機能です。生後まもなくは細胞増殖因子もサトカインも活発に生成されますがやがて成長にともない急速に消滅していきます。つまり、プラセンタ(胎盤)の主成分の減少が「老化」となって現れると考えられています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタの機能4  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタと美容  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。