Top >  プラセンタ注射とは? >  プラセンタと肌

スポンサードリンク

プラセンタと肌

プラセンタの調節作用というのは大きな特徴のひとつです。肌への作用の場合、角質層の水分や脂分が多すぎれば抑える方向に作用し、少なすぎればそれらを呼び込むというという具合に、うまくバランスを保ってくれます。
しかも細胞の新陳代謝を促す作用と、壊れた組織を修復する作用、ふたつの効果で健全な肌に導いてくれます。これらの作用は、トラブルのない肌をつくるための作用ですから、乾燥肌・荒れ肌・脂性肌などあらゆる肌タイプにの悩みに対応することができます。

年齢と共に、潤いがなくなる、かさついたり荒れたりする、血色が悪くなり肌色がくすむ等の肌トラブルが現れます。
プラセンタは、このような年齢を重ねると起こるトラブルの発生を遅くしたり、その歩みを遅くすることが可能なのです。
肌質を問わないと同時に、肌の老化を抑止する力があるのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタの機能3  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタの成長因子2  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。