Top >  プラセンタ注射とは? >  プラセンタと肌のしみ

スポンサードリンク

プラセンタと肌のしみ

プラセンタにはしみを退治する力があるのですが、奥の真皮にメラニン色素が沈着してできたシミには効果があるのでしょうか?
プラセンタには血行促進作用があります。この作用は真皮の新陳代謝も活発にし、表皮と同じような働きにより真皮のメラニン色素の排泄を促すことができるのです。

プラセンタの働きは、表皮のみならず真皮のメラニン色素の異常生産を抑止し正常な状態に保ちます。またターンオーバーを正常なサイクルに戻し、メラニン色素を排除し定着を防止します。プラセンタは、シミの排除、改善と予防にも効果が認められるのです。

また、メラミン色素の定着を防ぐということは、美白効果にも多大に貢献するのです。
ちなみに更年期障害で、プラセンタ注射を受けた女性の多くは、体調の改善だけでなく肌が白くなったという効果が認められたそうです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタの機能2  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタの成長因子1  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。