Top >  プラセンタ注射とは? >  プラセンタと肌のしみ

スポンサードリンク

プラセンタと肌のしみ

プラセンタには活性酵素を取り除く作用があります。これは、肌トラブルの多くの原因とされているもので、肌のみならず老化のメカニズムにも大きく関与しているといわれています。
またプラセンタには抗炭症作用もあるので、メラニン色素が異常に生産されないようにコンとロロールができるため、しみを薄くしたり、消したりすることが可能だといわれています。

またプラセンタが持つ新陳代謝を高める作用で、しみを除去する方法もあります。これは、新陳代謝の促進で皮膚の基底層の細胞分裂を活性化し、メラニン色素の排出を促進し、皮膚に定着しないようにするというものです。
皮膚基底層でつくられて、表面から剥がれ落ちるまでのプロセスをターンオーバーと言いますが、そのサイクルは生理の周期と同じ28日間です、プラセンタはこのターンオーバーのサイクルを正常にする効果もあります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタが持つ成長因子  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタの効果  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。