Top >  プラセンタ注射とは? >  プラセンタとアトピー

スポンサードリンク

プラセンタとアトピー

プラセンタは、ホルモンのバランスを整える作用があるため、更年期障害の治療などに使用されています。このプラセンタはアトピー性皮膚炎に対しても、効果があるといわれています。
プラセンタは、様々な作用を持っています。アトピー性皮膚炎についても。皮膚の炎症を鎮める抗炎症作用と皮膚の抵抗力を高める免疫調整作用というふたつの作用が働きます。またその上に抗アレルギー作用、体質改善作用などの作用が働いて、皮膚炎のもととなるアレルギーの部分にまで効果を発揮し、影響を及ぼすことが確認されています。
プラセンタの特徴は、様々な作用が1度に複合的な効果をもたらして、疾患の原因そのものに働きかけるというものがあります。
今、プラセンタが医療の現場で注目されているのは、ホルモンバランスの調整や抗アレルギーなど複合的な効果があるからなのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタにまつわるお話1  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタと小ジワ  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。