Top >  プラセンタ注射とは? >  プラセンタ注射の効果2

スポンサードリンク

プラセンタ注射の効果2

プラセンタ注射は、美容治療として受けると基本的に自費診療となります。
プラセンタの注射は、全身の細胞が活性化され、老化のスピードが落ちることで細胞レベルでの若返りと修復を期待できますが、もともとは更年期障害などの治療に使用されているものです。

またプラセンタは、免疫システムを強化する効果が期待できます。それにより、身体の不調やストレスを回復させることができます。これは、プラセンタは元来人間が持つ自然治癒力や免疫機能を高めることができるため、可能な効果なのです。

では、どのくらいプラセンタ注射を受ければよいのでしょうか?多くのクリニックは、複数回間を開けて注射することを勧めています。大体2ヶ月から3ヶ月の間に当初4~6週間目は週1~3回、その後は、半月に1回から1ヶ月に1回程度を勧めているようです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタの働き1  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタの実力1  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。