Top >  プラセンタとは? >  プラセンタの威力

スポンサードリンク

プラセンタの威力

プラセンタ(胎盤)は清栄作用の強い成長因子が存在すると言われています。
その作用が最大の特徴は、たった一個の小さな受精卵を300日程度で人間の身体に作り上げてしまうことです。
プラセンタ(胎盤)は、受精卵を複雑な臓器に分化するように誘導する因子=成長因子を作る機能があります。

他にも、臓器だけでなく小さな受精卵が3000gもの重さになる赤ちゃんに成長するのも、先に述べた成長因子が影響していると考えられます。つまり、プラセンタ(胎盤)の持つ成長因子が細胞を活性化し分裂を促していると考えられています。

プラセンタ(胎盤)の持つ、成長因子とはなんでしょうか?
これは、細胞を刺激して分裂を促す「細胞分裂活性化因子」といわれます。つまり、体の新陳代謝が活性化されて短いサイクルで細胞が入れ替わり、全身の細胞が活性化するということです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタの成分  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタ注射の効果5  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。