Top >  プラセンタとは? >  プラセンタの働き1

スポンサードリンク

プラセンタの働き1

胎盤(プラセンタ)の重要な働きは、胎児の臓器の代りになるということです。なぜなら、胎児はまだ臓器が未発達だからなのです。そのため、胎盤(プラセンタ)は胎児への酸素や栄養分の補給をするだけでなく、胎児の発育のために必要な呼吸や排泄、タンパク質合成、ホルモンの分泌、有害物の解毒、などなど重要な働きをすべて胎盤が行ないます。その上に胎児の保護もするのです。

ちなみに、受精卵は受精後1週間ぐらいで子宮内壁に着床し、その後、3つの層に細胞群が分かれはじめてゆきます。発生する器官は、分かれた細胞群ごと決まっています。
受精後約4週目頃から器官が順次つくられてゆき、受精後8週目頃にはまだ未発達ながらも、各種器官がすべてそろい、その後は急速に成長していきます。
胎盤(プラセンタ)はその間ずっと胎児の体の機能を肩代わりしているのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタエキスの力1  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタ注射の効果2  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。