Top >  プラセンタとは? >  海外でのプラセンタ療法

スポンサードリンク

海外でのプラセンタ療法

プラセンタの有効性は、よく知られていますが、海外ではどのように扱われているのでしょうか?実は、キューバでは30年前から国営の胎盤療法センターが活動しているそうです。
ここへは アメリカ、ヨーロッパから医師が研修に来るほど、注目度が高く、キューバ国内の32の産院から健康な母体からの胎盤(プラセンタ)が集められ、 200名の医師、科学者が、研究、医療、製造までを行っているそうです。

このプラセンタ製品は、キューバの一般的な薬局で処方箋があれば入手できます。 かつては、キューバからフランスに年間40トンの人胎盤(プラセンタ)原料を輸出していたそうです。 現在の輸出先はインド、ブラジル、ロシア、ウクライナなどだそうです。 このキューバの人胎盤(プラセンタ)は白斑症の治療に有効であると、アメリカ合衆国の皮膚科学会でも認知されているそうです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタと美肌  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタとアンチエイジング  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。