Top >  プラセンタとは? >  プラセンタの力

スポンサードリンク

プラセンタの力

プラセンタ(胎盤)の効能は古代からもてはやされてきました。秦の始皇帝は不老不死を求め、クレオパトラやマリー・アントワネットは美容のためにプラセンタ(胎盤)をそのまま食べていたと伝えられています。
現代ではプラセンタ(胎盤)には重要な成分が非常に多く含まれていることがわかっています。
とりわけ、細胞増殖分化誘導因子が、胎児の臓器形成に際して司令塔の役割を果たしていることが解明された結果、プラセンタ(胎盤)に含まれる成分を成人に処方する研究が盛んになりました。
つまり、プラセンタ(胎盤)を使って古くなった細胞や怪我などで傷ついた細胞へ働きかけさせて新しい細胞を作り出す手助けをさせるのです。細胞が活性化することによって、血液循環が良くなり、同時にホルモンバランスなど体の調子を整える作用へと広がります。やがては生命活動が向上して生き生きとしたライフスタイルへと移行できるのです。
プラセンタ(胎盤)は人間の細胞の隅々に働きかけてくれるので、まさに体の内側から美しくなり若返ることが実感できるのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタの研究  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタと臍帯血  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。