Top >  プラセンタとは? >  プラセンタのはじまり

スポンサードリンク

プラセンタのはじまり

プラセンタ(胎盤)が病気治療に有効であることを発見したのはロシアのFILATOVです。
プラセンタ(胎盤)を患部の皮下に施術することで、関節の瘢痕性硬縮や火傷によるケロイドの軽減や、手術後の内臓が癒着を起こすことを防ぐ効果があることを明らかにしました。

また日本では、久留米大学病理学教授の稗田教授が、プラセンタ(胎盤)の組織再生能力に着目し、数千を超える様々な疾患に対して臨床しました。その結果、プラセンタ(胎盤)が70余りの難治性の疾患に対して有効である事が確認されました。またその組織の再生が促進されることも明らかになりました。
稗田教授のプラセンタに関するこような研究の結果は、潰瘍症や結合織増殖症、アレルギー性疾患など大まかに5グループに分類されており、老化現象を含む現代の医学に生かされています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタと肌  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタと病気  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。