Top >  プラセンタとは? >  プラセンタのできるまで2

スポンサードリンク

プラセンタのできるまで2

受精卵のはじめの大きさは、たった直径0.1mmほどなのですが、10ヵ月後に生まれる時には、重さは2.5~4kg、体長は約40cmのにまで成長します。ある意味、人間の一生の中でいちばん成長する時代だともいえます。
赤ちゃんが大きくなるその間、胎盤(プラセンタ)も、赤ちゃんの成長を助けながら大きくなり、赤ちゃんが生まれるときには、直径約15~20cm、厚さ約1.5~3cm、重さ約500gにもなります。

胎盤(プラセンタ)は約10カ月という短い時間の中で、急激におおきくなる赤ちゃんを、守り助けているのです。この胎盤(プラセンタ)のおかげで、赤ちゃんは生まれてくるのです。私達は胎盤(プラセンタ)のおかで健康に生まれてこられたのだともいえます。
胎盤(プラセンタ)は赤ちゃんが生まれて役割が終了すると、後産として体外にされてしまいます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタエキスとは?  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタ注射の効果  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。