Top >  プラセンタとは? >  プラセンタの原材料

スポンサードリンク

プラセンタの原材料

プラセンタは、医療のみならず美容領域でも使用されていますが、そのプラセンタの原材料はどこからくるのでしょうか?
まず、注射薬に使用されているプラセンタはヒトの胎盤から有効成分のみを抽出したエキスを使用しています。内服薬や化粧品などは、ブタの胎盤から抽出されたものが使われています。特にブタ由来のプラセンタの場合、清浄ブタの胎盤を使用したものが注目されています。

プラセンタには、このような動物性プラセンタの他に植物性プラセンタというものがあります。これは大豆、ライ麦などの植物由来のプラセンタです。
当然の話ですが、植物には胎盤はできませんが、発芽とその芽を育てる為の栄養成分がたっぷり含まれた植物の胚が胎盤=プラセンタに当たります。
大豆由来のプラセンタは、胚芽部分に多く含まれる大豆イソフラボンが、プラセンタと同じ効果を持っています。
ライ麦由来のプラセンタは、ライ麦の胎座に含まれており、ごく少量しかとれません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタの薬理効果  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタと効果  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。