Top >  プラセンタとは? >  プラセンタの役割

スポンサードリンク

プラセンタの役割

プラセンタ=胎盤にはふたつの役割があります。それは、胎児と母体とをつなげる役割と、ふたりを分かつ役割という相反したものなのです。
母親のおなかの中で赤ちゃんが育つとき、通常胎児への栄養や酸素などは母体からの血液で運ばれます。その血液は胎盤(プラセンタ)を通って、胎児の血液に入ります。
胎児の老廃物などは、逆に胎盤を通って母体の血液中に流れ込み捨てられます。
 この際時、胎児側の血液は、胎盤(プラセンタ)の絨毛内の胎児血管を循環するだけです。また、母体の血液は胎盤(プラセンタ)の絨毛間腔を満たすようになっています。実際には、胎児と母体の血液が交じり合うことがないのです。

この機能のおかげで、母体と胎児の血液型が異なっても、拒絶反応のようなことが無いのです。その上、胎盤(プラセンタ)は母体側に何か問題が起きても、胎児を保護する機能もあります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタの内服液2  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタ注射とは3  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。