Top >  プラセンタとは? >  プラセンタができるまで1

スポンサードリンク

プラセンタができるまで1

プラセンタ=胎盤は、みなさんよくご存知の、へその緒とつながっています。へその緒は弾力があってよく伸びるという特徴があります。そして、その中には血管が走っています。
胎盤(プラセンタ)は、受精後胎内で約5週から13週頃までにかけて完成します。もう少し詳しく胎盤(プラセンタ)がつくられる流れを書いて見ましょう。

胎盤(プラセンタ)ができる前に、まずすべての始まりである、精子と卵子が結合した受精卵が子宮内壁に着床(固定)します。着床した受精卵は表面から無数に絨毛を伸ばし始めます。その絨毛が着床面にたどり着くと、着床面に接した絨毛だけが成長します。その際、その他の絨毛は退化するそうです。
これが母体の子宮内壁と結合して、平たく丸い板のような、お好み焼き状の臓器がつくられます。これがプラセンタ=胎盤となります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタの内服液1  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタ注射とは2  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。