Top >  プラセンタとは? >  プラセンタの機能4

スポンサードリンク

プラセンタの機能4

プラセンタには「血行促進作用」、「造血作用」や「基礎代謝向上作用」があります。これらの役割は、他の「免疫賦括作用」、「自律神経調節作用」、「内分泌調節作用」と同様に自然治癒力の強化と向上を担います。
プラセンタは、肝臓に作用する肝細胞増殖因子を持っていることがわかっていますが、実は肝臓に限らず他の臓器細胞の壊死を防御し、修理し再生するといわれています。

このようなプラセンタの働きを総合すると、かなり広範囲の病気の改善を望めるといえます。またプラセンタを投与を止めたあとに副作用や後遺症もほとんど無いと言われています。これは、薬の効果が直接作用したという形ではなく、人間の体が元から持っている自然治癒力をプラセンタによって、強化されたからだと考えられます。
プラセンタには、このほかにもまだ未知の機能があることも考えられます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタと抗体  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタと老化防止  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。