Top >  プラセンタとは? >  プラセンタの原材料3

スポンサードリンク

プラセンタの原材料3

プラセンタには、牛由来のものがあります。狂牛病問題に関連して牛由来のプラセンタは姿を消しています。それまでは牛由来のプラセンタが多く使用されてきていたのですが。

また羊由来のプラセンタもあります。これは、飼育されている環境・飼料などにどれだけこだわって、より自然に近い状態で育ったニュージーランドやスイスなどが原産国となっている製品が多いようです。

他にも植物性プラセンタというものがあります。これは、アセロラや大豆、ライ麦、トウモロコシから抽出した胚(プラセンタ)を植物性プラセンタと呼んでいます。
植物の胎座から抽出される植物性プラセンタには、動物性プラセンタに存在する成長因子までは植物性プラセンタには含まれていないそうです。もちろん動物のプラセンタ同様アミノ酸やビタミン群、ミネラル類が豊富に含まれています。しかし植物性プラセンタには、アミノ酸やビタミン群、ミネラル類などによる美肌・美白効果を期待できても、成長因子による細胞活性効果は期待できないと言われています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタのサプリ  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタドリンクのパンベシュ  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。