Top >  プラセンタとは? >  プラセンタの機能3

スポンサードリンク

プラセンタの機能3

プラセンタは、「神経系」「内分泌系」「免疫系」の三つの系統に作用するといわていますが、これらはどのような関係になっているのでしょうか?

プラセンタが作用するといわれている、「神経系」「内分泌系」「免疫系」の3つは相互ネットワークを組んで恒常性の維持をはかっているのです。
たとえば、自律神経や中枢神経などが内分泌系に働くと、それに対応するホルモンが出て、そのホルモンの働きによって免疫担当細胞が活性化します。
そして、この免疫系の活動が神経系に作用がおよぼす‥という連携したシステムになっているのです。
プラセンタの作用は、この3つの系統を正常に働かせ、ネットワークの働きをより強化して、より強いレベルでの恒常性維持ができる身体を作ります。それは、プラセンタによって環境の変化や病気に強い体をつくり、自然治癒力を高めるということなのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタエキスの力  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタと肌  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。