Top >  プラセンタとは? >  プラセンタのお話3

スポンサードリンク

プラセンタのお話3

プラセンタ(胎盤)は古代から、重要な薬として珍重されてきた歴史があります。たとえば、クレオパトラ、楊貴妃、マリーアントワネットという歴史上の美女も、プラセンタ(胎盤)を「若返りの薬」として愛用していたといわれています。
実際のところ、プラセンタ(胎盤)をプラセンタ注射液はヒト胎盤のエキスとして、更年期障害や肝機能障害、乳汁分泌不全などの治療に日本では50年前から使っているそうです。
プラセンタ(胎盤)は最近では、美容や健康の維持、回復などに使用されています。

動物などは、産後のプラセンタ(胎盤)を食べてしまいます。ある意味、栄養豊富で様々な作用を持っているプラセンタ(胎盤)は、産後の体力回復には無くてはならないものなのかもしれません。多分彼らは、プラセンタ(胎盤)の重要性を本能的に知っているのでしょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタと動脈硬化  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタと美肌2  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。