Top >  プラセンタとは? >  プラセンタにまつわるお話2

スポンサードリンク

プラセンタにまつわるお話2

プラセンタ(胎盤)について興味深いはなしがあります。それは、日本人が古くから持つ、「子供が生まれたときのヘソの緒を取って置く」習慣です。
なぜヘソの緒をとって置くのか?これは、子供が大病をしたときにこのヘソの緒を煎じたり、粉にして飲ませると「特効薬」になるという言い伝えがあるからだといわれます。

この言い伝えは、全くの迷信とはいえないそうです。
なぜなら、現代では人間の胎盤エキスは製剤化され、プラセンタエキスの注射薬や内服薬として使用されるようになっているからなのです。
実は古代から、プラセンタ(胎盤)を残しておく場所が、遺跡などで発見された住居から発見されているそうです。これが確かなことかどうか真偽はわからないのですが、古代人が経験からプラセンタ(胎盤)が薬になることを知っていたとしても不思議ではないでしょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタと育毛  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタと美肌  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。