Top >  プラセンタとは? >  プラセンタの働き2

スポンサードリンク

プラセンタの働き2

プラセンタ(胎盤)は、母親の胎内で胎児の未熟な内臓の機能を肩代わりしています。その機能を代行する臓器はこのようなものがあります。

肺臓の機能。これは胎児の呼吸を助けます。母胎との血液で呼気をやりとりします。
牌臓の機能。病原菌や異物が胎児に入り込むことを阻止します。
腎臓の機能。これは胎児の老廃物を運び出す役目です。
肝臓の機能。まだ酵素などが未熟な胎児の代謝機能や、解毒機能の代役を果たします。
脳下垂体の機能。胎児が成長するためのホルモンを分泌します。
小腸の機能。血清タンパク質を消化してアミノ酸にまで分解して胎児に送ります 。

プラセンタ(胎盤)は、上記のように要約しましたが、万能の臓器といっても過言ではないでしょう。プラセンタ(胎盤)は、胎内でまだ未熟で未発達な胎児の様々な臓器の機能をを代行しているのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタエキスの力2  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタ注射の効果3  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。