Top >  プラセンタとは? >  プラセンタの原材料2

スポンサードリンク

プラセンタの原材料2

プラセンタでも、現在主に豚由来のプラセンタが使われているようです。牛由来のプラセンタは狂牛病問題で使用できなくなったためだそうです。

動物性のプラセンタは、効果はどの動物(ほ乳類)を原料としたものでもほぼ同じと考えられています。
美容用に使用されているプラセンタは、現在では豚由来のプラセンタが主流となっています。これまでは牛由来のものが主流でしたが「狂牛病問題」によって出された厚生労働省からの通達で、豚由来のものへシフトしたようです。また豚由来であっても、豚の飼育環境にこだわる製品も出始めています。
プラセンタの副作用の問題が気になるものですが、厚生労働省認可されているプラセンタはまず安全性・有効性が確認されています。
ただし動物性のプラセンタの匂いが気になる方には、植物性のプラセンタというものもあります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタと小じわ  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタのサプリ  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。