Top >  プラセンタとは? >  プラセンタのニュース2

スポンサードリンク

プラセンタのニュース2

プラセンタ関連の新聞報道で、平成18年8月に「ヒト胎盤由来医薬品の使用者は献血を控えるように」と、厚生労働科学研究班(血液事業部会安全技術調査会)から通達が出され、このことが新聞に掲載されました。
プラセンタの薬液は製造過程で、胎盤の個々において検査を施行し、B型・C型肝炎ウイルス、エイズウイルスが存在しないことを確認した胎盤のみを原料としているそうです。
また、感染症対策については日本赤十字社の基準(狂牛病、クロイツフェルト・ヤコブ病等)に準じて胎盤を選択しているそうです。
また更に、ウイルス・細菌を死滅させる対策として製造される過程で121℃30分間の高圧蒸気滅菌を行っています。それに加えて塩酸を使った高熱・加水分解を行っており、これでホルモンおよび蛋白質は分解されているといわれています。
プラセンタ注射は日本で40年以上の歴史がありますが、懸念されている病気および感染症の発症報告は全くありません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタの美肌効果  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタと動脈硬化  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。