Top >  プラセンタとは? >  プラセンタにまつわるお話1

スポンサードリンク

プラセンタにまつわるお話1

プラセンタ(胎盤)捨ててしまうのは人間だけといわれています。
なぜなら、犬やネコの出産をご覧になられた方は知っておられると思いますが、出産後すぐに、母猫や母犬がプラセンタ(胎盤)を食べてしまいます。これは、他の動物も同じ行動をします。
理由は、いつまでもプラセンタ(胎盤)を放置しておくと、匂いなどから外敵に見つかり狙われる可能性があるとも言われていますが、実は産後の肥立ちをよくするためであるという話があります。

プラセンタ(胎盤)は、胎児のためのものですから出産後には体内から排出されます。
しかし、人間以外の哺乳類はみな、プラセンタ(胎盤)を食べてしまうのです。草食動物である牛や馬も同じく、プラセンタ(胎盤)を食べてしまいます。このことから、単に外敵から身を守るためだけでなく、栄養として摂っていると考えられるのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタと男性機能  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタとアトピー  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。