Top >  プラセンタとは? >  プラセンタの機能1

スポンサードリンク

プラセンタの機能1

プラセンタ(胎盤)の持つ大きな機能として、調節という機能があります。

それは、プラセンタ(胎盤)は血液が固まらないようにする働きと、出血を防ぐための働きの相反する機能を併せ持っています。
具体的には、プラセンタ(胎盤)は胎児に母胎からの命綱である血液を送り込む役割があります。
もちろん、胎児と母胎の血液型が違う場合にも問題なく、血液内の必要なものだけをやり取りしています。ここで、血液が固まっては、大問題なので血液を凝固させない機能が必要です。

また、出産時になると母体を守るために出血をしないように防ぐ機能が必要になります。出産時には、いままでつながっていた胎児が体外へ出てくるわけですから、大量出血する可能性があるのです。しかし、この危機をプラセンタ(胎盤)が防ぐのです。

プラセンタ(胎盤)は、このふたつの機能を調節しながら使い分けているのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタエキスの力3  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタ注射の効果4  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。