Top >  プラセンタとは? >  プラセンタの原材料1

スポンサードリンク

プラセンタの原材料1

プラセンタは胎盤なので赤ちゃんとしか一緒に手に入れることができないため、かつては人工的にプラセンタを作ることができず、プラセンタが非常に高価なものとなっていたため、恐ろしいことですが妊娠・中絶といったことでプラセンタを手にするという社会問題も起こったそうです。

現在ヒトプラセンタは医療用として使用され、日本国内の医療機関から安全性の確認された健康な産婦からの満期正常分娩の胎盤のみを、同意を得た上で収集しています。これにHBV(B型肝炎)、HCV(C型肝炎)、HIV等に感染していないか検査をした上で原材料とします。

一方同じプラセンタでも、豚プラセンタが人間の組織に非常に良く似ているということから、相性がよく、多く使用されているようです。もっとも、化粧品やサプリメントで使用されているのですが。そのほかには、「ヒツジ」などのプラセンタも使用されます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタの化粧品  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタ注射  > 

         

更新履歴

このページについて

このページは「プラセンタQandAラボ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。